バイトはバイトってなに?

雇用が低迷しているためなのか、一般の会社に昼間勤めている女性も、週末や夕方からバイトとして性風俗のお店で働くかたが増えてきたように思えます。そんな中で、風俗を甘く見ている女性が多いのも確かです。まあ時給の高さから簡単に稼げると思ってきた方や、やることだけやれば文句はないでしょ、なんていう感情を持ち込んでバイトをしている女の子がいるのですが、こういう女性は風俗ではなくても、どんなバイトでも結局稼ぐというほどには、仕事を任せられないと思います。私はピンサロで3年ほどバイトをしているのですが、結構お客さんからも店長さんからも受けが良く、時給などもちょっとですがアップしてもらっています。お金を払って性欲を満たそうと思ってくるお客さんも、お店の女の子の態度で、立つものが立たないこともあるし、発射したとしても充足感が違うと思います。やっぱり、どうせ同じ時間を、同じ行為をするならば、自分も楽しくやらなければもったいないですよね。最初のお酒を飲んで会話する時で、その男性の立ち具合って変わってくるもんです。リラックスした気分で舐めはじめると、結構あっという間に行ってしまうし、その後のリピートにもつながってくるんです。普通のことですが、バイトだからと思わずに、お客さんと一緒に楽しんじゃうくらいの気持ちである、これが私の性風俗で稼ぐための秘訣です。

高収入に憧れていました

初めは何の求人か分からず求人情報誌を読んでました。
「そんなに高収入なのかしら?」と不思議な気持ちで。
ですが、内容を調べてみると風俗関係のお仕事だったのです。
数日間考えましたね、私に出来るのか?。
ですが、やはり高収入は欲しいし女性ならではの仕事です。
期間を定めて頑張ってみようと思い、面接をしに行きました。

面接はとても雰囲気が良く女性スタッフも数人いたので安心でした。
そして接客業なので言葉もしっかりしている上に、丁寧で親切です。
私はこの業界で試してみたいと即座に思ったほどです。

そして、研修期間付きの待遇で入店したのです。
体験入店のような感じでしょうか。

そして、今は1年が経ち慣れたと共に仕事も楽しくなっています。
やはり周りの女性達は高収入が得られる仕事なので競争はあります。
しかし、それだけ多くのお客様のニーズがあるので
私だけに会いたいと言ってくれるお客様も多いです。

現在は希望より少し多めに収入を得ています。
この調子だとあと一年くらい働けば予定の額に達する見込みだと思います。
その時、仕事がまだ面白ければ継続して働いていようと思っているのですが
まだ今は何も考えず、その日のお客さんに接する事だけ集中したいです。

風俗は究極の接客業だと自信もあります。

PR
池袋人妻 発情おかあちゃん